文理科

 

 生徒1人ひとりの進路実現を目指します。目標を達成するため、進路希望別授業や習熟度別授業を行い、個に応じた効果的な指導を行います。

記事

文理科だより

合格 やったぜ!国公立大学短大合格

 

今年度、国公立大学短大に4名が合格しました。

福島大学 共生理工学部

総合型選抜で合格。専門分野の研究をまとめたポスターとプレゼン、さらに総合問題。専門知識だけではなく、プレゼン力も問われる。完成までの道のりは決して平坦ではなかったが、気持ちを奮い立たせ最後まで全力で取り組み見事、合格を勝ち取った。

会津大学 コンピュータ理工学部

公募推薦で合格。受験科目は、数学・英語・小論文。1年次より3年間休むことなく全ての科目の課題に真剣に取り組んだ。3年次になってからは、数学・英語・小論文の個別指導に取り組んだ。3年からの個別指導だけではなく、1、2年次のベースがあったからこそ精度が上がり、入試レベルを超えることができたと言える。たゆまぬ努力が実を結んだ。

都留文科大学 文学部国文学科

公募推薦で合格。受験科目は国語。文系大学としてはハイレベルであり、超難関である。理系コースに属していたため、数学・英語の添削も続けながら国語を極めた。2年次に英検2級取得している。

米沢短期大学 国語国文学科

総合型選抜で合格。受験科目は面接。小論文の個別対策も行っていた。文系科目を得意としており、1年次より米沢短期大学への入学を強く希望し、信念を貫き通した。明確な目標に向かって3年間コツコツと努力した結果、見事、第一志望に合格。

☆ 一問一答 (A…福島大学、B…会津大学、C…都留文科大学、D…米沢短期大学)

 ①  一番つらかった時

   A プレゼン練習の時に、自信のなさを指摘されたことが辛かった。自分が何を伝えたいのかを明確にし、何度も練習

    した。先生方の熱いご指導のおかげで、自信をつけることができた。

   B 2年生の時に、授業で自分だけできない問題が出てくるようになり、自信喪失。会津大学をあきらめようと思うこ

    とがあった。努力し続けたことでできるようになり、自信を取り戻した。 

   C 小論文で具体例(体験談や専門知識)を盛り込むのに苦労した。誤字脱字がなかなか減らない・・・K先生に厳しく

    ご指導いただいたおかげで、現状に甘んじることなくやり抜くことができた。

   D 志願理由をまとめるのが辛かった。大学で研究したいことを言葉にするのに苦労した。面接は正解がないので難し

    い。

 ②  手ごたえを感じた時

   A 受験の本番中!自分の伝えたいことを全て伝えられたから。

   B 先生が作った予想問題や過去問で点数が取れた時。やってきた課題が積み重なって、ファイルが厚くなってきて、

    自信が持てた。

   C 最後の一週間。K先生に厳しいことを言われなくなった(笑)

   D 自信は半々だった。もっとPRできたら良かった。

 ③  後輩へのメッセージ

   A 目標が明確であれば、絶対達成できるので頑張ってほしい。

   B 今までやってきたことが形になれば、自信につながる。努力し続けてほしい。

   C 経験や広い知識を付けることが小論文に生きる。数学を解くことで、国語の勉強とバランスを保っていた。全て

    の科目に全力で取り組むことが大切。

   D 緊張するのは皆同じ。周りと比べることなく、自分にできることを精一杯頑張ってほしい。

 

 3年生で実施した添削プリント

 だけで25センチ

 

頑張った面接練習と小論文対策

 

 

学習合宿(一昨年春)にて。1日10時間以上勉強し、元号が令和に変わったことも気づかない程だった。が、これは序の口だったことに気付く…

本番前日のプレゼン練習にて

「棚倉断層の新露頭の発見に

向けた野外調査」

  国語の個別指導でお世話に

  なったうわさのK野先生と。

担任の紺野先生、

どんな時も励まして下さり

ありがとうございました。 

 文理科3年生全員が第一志望に合格しました。強い信念と覚悟を持って頑張った結果です。素晴らしいですね。後輩たちは3年生の背中を追い、進路実現へ向けて全力疾走中!

お祝い 毎日新聞社主催「第48回毎日農業記録賞 高校生部門 優秀賞」「東京農業大学賞」受賞 及び 福島県県南地方振興局「しらかわものづくり キャッチコピー」採用

 毎日新聞社主催「第48回毎日農業記録賞」の 高校生部門 優秀賞・東京農業大学賞 受賞

 文理科2年1組の武藤 圭汰 君が、毎日新聞社主催「第48回毎日農業記録賞」の 高校生部門 優秀賞と東京農業大学賞を受賞しました。本来であれば毎日新聞社主催の表彰式が東京で行われる予定でしたが、新型コロナ感染拡大防止のため12月17日(木)に本校2年1組教室で、毎日新聞社福島支局長 西川 拓 様、JA東西しらかわ農業協同組合営農部畜産センタ―長 大越 忠道 様、武藤圭汰君の祖父母 様をご来賓としてお招きして表彰式を行いました。校長先生、2年1組担任千田先生はじめ、クラス全員が一丸となって祝福しました。厳粛な中にも、あたたかさが感じられる表彰式でした。

 表彰式の記事のリンクはhttps://mainichi.jp/articles/20201218/ddl/k07/040/122000c

 また、毎日新聞社の毎日農業記録賞のリンクはこちらです。(まだ今年度の作品は載っていませんでしたが)

   https://www.mainichi.co.jp/event/aw/mainou/

 【お祝いの言葉】 

毎日新聞社福島支局長 

西川 拓 様

 農業に関する作文、全国1383点応募の中から、優秀賞10点に選ばれた快挙である。家業や農業に対する熱い思いと将来の夢について具体的に記されていた。高校生らしく等身大の表現に心打たれた。

修明高校 

郷 清隆 校長

 家族、担任、クラスメイト、そして地域探究でお世話になった大越さんとの縁があったからこそ成し得たものである。今回、農業の分野で武藤君が快挙を成し遂げたが、皆さんもあらゆる場面で自分を磨いてほしい。

JA東西しらかわ農業協同組合

 営農部畜産センタ―長

大越 忠道 様

 「毎日農業記録賞」のとおり、農業は毎日の記録がないと語れない。祖父母から脈々と受け継がれた武藤家の歴史を受け継ぎ、農業発展のために頑張ってほしい。

 
     

【武藤君のお礼のことば】 

 本日は、私のためにこのような会を開いていただきありがとうございます。今回の作文を通して、ここにいらっしゃるたくさんの方々の縁に支えられているということに改めて気付かされ、感謝の気持ちでいっぱいです。じいちゃん、ばあちゃんが営んできた家業とその大切な思いをしっかりと受け継ぎ、将来は地元鮫川村のために貢献したいと思います。

【担任の千田先生より】

 

 武藤君、おめでとう!そしてご来賓の皆様、ありがとうございます。武藤君の成果を友人としてクラス全員で祝福したい、そんな思いで企画しました。

表彰式の後で

 

 福島県県南振興局 しらかわものづくり キャッチコピー 採用 

 文理科1年1組の荒井 結花 さんの作品が福島県県南振興局で募集した「しらかわものづくり」のキャッチコピーに採用されました。県南地域の中学生・高校生が応募した330件の中から荒井さんの

「あなたの『すき』をつくっているかも! -しらかわものづくりー」 

が採用されました。今後ポスターなどで見る機会があるかもしれませんね。

 

 

 様々なものをつくっていることを知って、様々な人の『すき』をつくっているのではないかと思いました。

会議・研修 進路講演会

 来たる10月8日(木)6校時目、第3回文理科集会が実施されました。今回は、東進衛星予備校講師 久保 龍生氏 よりご講演いただきました。進路実現に向けて効果的な学習方法をはじめ、大学入試や受験生の状況等を聞き、今後の目標設定や進路活動の参考となりました。この講演は、令和2年度人材育成事業(同窓会主催)の一環として、1、2年生を対象に行われました。

 みなさんは、メモを取りながら真剣に耳を傾けていましたね。講演後は、やる気に満ち溢れた表情になっており、大変嬉しく感じました。

【講演内容】

 1.大学受験の基礎知識

  ・高校入試と大学入試との違い ・大学入試の種類と日程

 2.大学受験の先を見る

  ・大学入試のメリット

 3.共通テストに向けて

  ・入試変更のポイント 具体例)英語

 4.学力向上のカギ

  ・基礎基本の徹底 ・大学受験へのシナリオ ・学力の伸びは”べき乗法則”

  ・「学力の差」は「時間の差」、「時間の差」は「覚悟の差」

 5.まとめ

  ・大学受験について正しく理解する ・大学受験は通過点 ・前倒しが全てのカギ

講 師

東進衛星予備校

東進事業部事業部長

久保 龍生 氏

講 師 (補佐)

東進衛星予備校

東進新白河校 責任者 

尾崎 光輝 氏

(写真左)

   

 

【質疑応答】活発な発言がありました。

 Q.模試の効果的な学習方法は?

 A.模試は結果よりも、まずは自分の立ち位置を知ることが重要。

   模試の振り返りが大切。弱点を克服することに重点を置くとよい。

 Q.部活動をやっているが、勉強時間の確保をどのように工夫すればよいか。

 A.学習と部活動の両立は難しいが、小さな時間を細かくつないで、集中して勉強するとよい。

   時間の使い方を工夫することが大切。

 Q.検定試験は大学入試に有利か。

 A.大学によって、資格取得を出願条件としているところもある。

   そうでない場合も、資格取得のために勉強したことは、無駄ではない。入試に必ず生きる。

  

 

【感想と今後について】

 正直、大学入試に向けた学習は3年生になってからでも間に合うと思っていたが、グラフを見ると、後半で成績は伸びると知った。少しでも勉強を始めるのが遅れると、合格ラインに届かない場合もあるので今からでも少しずつ進めていく。
 50分間とても有意義な時間を過ごすことができました。私は高校受験に失敗している経験もあり、少なからずコンプレックスを抱いていた部分もあったのですが、話を聞いて、結局はそこからの努力が大切なのだと再確認することができました。今からすきまの時間をたくさん活用して、第1志望の大学に合格できるようにがんばりたいです。本日はありがとうございました。
 大学共通テストに向けて、受験までのスケジュールを把握すること、今やっている勉強を一生懸命やることが大切であるということがよくわかりました。今まで、模試の結果でとても不安になったり、嫌になったこともよくありましたが、今はその結果は関係なくどの単元ができていないのかを確認し、復習していきたいと思います。どの高校だから良いのではなく一人一人の努力で自分の将来につなげていく事ができることが分かったので、今からさらに頑張っていこうと思いました。

 

最後に、

 寒くなってくると、年末に近づいてきたなと感じます。年が明けると早いもので3学期。

3学期は、新学年の0学期とも言われる大事な時期となります。

 この0学期に進路に向かって方向転換し、スタートダッシュできるかということが、

進路実現のために重要であるといっても過言ではありません。

自分自身がどれだけ頑張ったか、が重要。

人と比べることなく、今やるべきことに全力で取り組もう。

会議・研修 SDGsについて考えよう

 9月15日(火)6校時目に実施された第2回文理科集会「SDGsについて考えよう」について紹介したいと思います。今回は、中学生対象の「学校見学会」の日程とも重なり、中学生も交えて活動しました。文理科1年生から3年生と中学生の混合で5班編成し、チーム対抗で実施しました。 

持続可能な開発目標(SDGs)とは

 開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」(英語 ・日本語(外務省仮訳) )が採択されました。

 出典:国際連合広報センターホームページ

アクティビティ1 宝さがし ~目標カードを17枚さがせ!~

 SDGsは、2030年までに達成目標としている項目が17項目あります。その17のカードを校内中から探し出すアクティビティです。場所は、教室だけでなく、職員玄関のメダカの近くや野球部バスの周辺にいたるまで、広い敷地内から探し出さなければなりません。各班で一人一人の役割を決め、いかに効率よく回収してくるかがカギとなりました。そして、17枚そろった班から順位をつけました。

 みんな 全力疾走

 

アクティビティ2 ~具体的な活動を連想~

 SDGsの具体的な取り組みが書いてあるカードと17の目標の組み合わせを考えて、ポスターに貼り付けました。当てはまる組み合わせはどれか考えながら、班で協力することがカギ。もちろん時間制限あり!競争です!!

 〔組み合わせの例〕

  ⑤「ジェンダー平等を実現しよう」 ⇔ 「看護婦」ではなく「看護師」を使う

  ⑫「つくる責任 つかう責任」 ⇔ 買った食材は使い切る

  ⑭「海の豊かさを守ろう」 ⇔ レジ袋やプラスチック製品を使わない       など

 

アクティビティ3 ~自分たちが取り組めることを設定~

 目標設定は、「環境」「平和」「公平」「健康」「教育」「福祉」「産業」等、広い分野で3つ設定します。今すぐにでも取り組めるような内容を、班員全員で考え記入しました。

完成品はこちらです!

 ☆今からできる活動 ~班員みんなで考えました~

  〇ボランティア活動に参加する(1班)

  〇節水をする(2班)

  〇差別用語を使わない(3班)

  〇エレベーターではなく階段を使う(4班)

  〇難病にかかった人へ募金する(5班)    など

 

〔振り返りシートより〕

〇SDGsは、環境だけではなく、福祉など幅広い分野まで考えられているのだとわかりました。私も今からできることを考えて行動したいです。(1年)

〇僕はこの集会を行う前は、SDGsについて全く知りませんでした。今回の集会を経て、SDGsに対する取り組みを少しでも達成できるよう、心掛けて行きたいです。(2年)

〇みんなと協力して学ぶことができておもしろかった。これからは少しでも自分たちができることを行い、持続可能な社会を目指し、全世界の人々が幸せになる世界になるように願っています。(3年)

 

最後に

 SDGsについてまずは「考えてみる」ということが大切なのだと思います。10年後の2030年には、みんなは日本、いや世界を支える立場となっています。今回の活動がみんなの意識を高め、今後の一人一人の行動につながっていくことを願っています。

より豊かな世界になるように…

会議・研修 地域連携型職業探究

 文理科として初の試みである「地域連携型職業探究」を7月9日(木)4校時~7校時の総合的な探究の時間に実施しました。

 棚倉町をはじめとする東白川郡内の職業の現状を把握し、町ならではの取り組みや問題点等を各施設・事業者の担当者の方よりご講話いただきました。進路希望別10分野のグループに分かれて各施設・事業社へ訪問し(または担当の方に来校していただき)、専門的な内容はもちろん、講師の方の熱意や地元のつながりを感じ貴重な経験となりました。協力してくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

各分野の様子や生徒の感想について紹介します。

 

◎法学系(石川隆之司法書士事務所)

 

 石川さんは、仕事にもやりがいを感じているとおっしゃっていました。自分も人のために尽くせる人になりたいと思いました。将来法律を人のために使える人になって多くの人の助けになれるようにしたいと思います。(法学系志望2年)

 今回の講義を受けて、法律は空気のような存在だが、いざという時にはたくさんの物事を規制や促進する機能をもっていると改めて感じた。(大学進学希望1年)

 

◎医療・看護系(塙厚生病院)

 

文理科一人一人の感謝の気持ちを込めて医療従事者の皆さんにメッセージ(写真右)を送りました。

 今回話を聞いて専門看護師の資格を取ってよりレベルの高い看護師になりたいと強く思いました。友達や自分を大切にし、相手の気持ちがわかる人になるように頑張ります。命と向き合う仕事なので、つらい時や大変な時があると思いますが、それに負けない強い心と思いやりのある看護師になりたいです。(看護師希望3年)

将来について悩んでいるところでしたが、今回貴重な話を聞くことができ、改めて「看護の道」へ進もうと思うことができました。「看護師としての誇り、命と向き合う仕事の使命」という言葉が心に響きました。地元に戻って、ぜひ職場でお会いしたいと思います。

(看護師希望2年)

 

◎保育系(棚倉幼稚園)

 

 子供と接することは大人と話すより難しいことだと思う。子供の立場になって考えることをしなければならないので先生方はすごいと思った。先生方は子供たちの成長を見るのがとても嬉しいとおっしゃっていたので、親のような気持ちで子供たちを教えているのだと思った。(短大進学希望3年)

 大変なことよりも、子供たちができなかったことができるようになる喜びや感動、そしてその子に合った保育を見つけられたときの達成感の方が大きいという話を聞いて、私も夢に少しでも近づけるように頑張りたいと思いました。(保育士希望1年)

 

◎情報系(データアシスト)

 

 5Gによって自分たちの世界とよりつながったインターネット上の世界で新しい社会を築いていくそうだ。医療や車などそれぞれの職業で、数学やプログラミング他、業務知識が必要である。Society5.0(狩猟→農耕→工業→情報→ に続く第5番目の未来)における棚倉町の取り組みについて知ることができた。(情報系大学進学希望3年)

 今、情報社会はどのような状況なのか、今後地元にどのような形で貢献できるのか、とても考えさせられる時間でした。(情報系専門学校希望2年)

 

◎農学系(JA東西しらかわ)

 JAの方々は、利益のためではなく地域の人々のことを一番に考えて仕事をしていることに感動しました。これから受験を迎え大変な時期になりますが、その壁を乗り越えてその先に待っている農業への道を突き進むために今できることを精一杯頑張りたいと思います。(農学系希望2年)

 

サービス・製造(甘盛堂)

 

 お菓子は、ただ作るだけではなく、衛生面にも気を遣い、毎度同じ味を作ることがどれだけ大変なのかわかりました。人とのつながりの大切さ、仕事のやりがいについても学ぶことができました。ここからが自分のスタート地点だと思っているので、悔いの残らないように積極的に頑張りたいと思います。(就職希望3年)

 

◎司書(棚倉町図書館)

 

 いかに利用者や地域の小中高校生に本を楽しんでもらえるだろうと考えることも司書に必要なことだと感じました。(司書希望1年)

 「他人の人生を経験できる上、その経験が自分の進路にも影響するほど、本は興味深い」という言葉が印象的だった。(大学進学希望3年)

 

◎自衛隊

 

 自衛隊の様子などを実際に写真で拝見しながら仕事内容を詳しくお聞きし、自衛官になりたいという気持ちが高まりました。実際に現場の声を聞くことが初めてだったので、勉強になりました。(自衛隊希望2年)

 

◎警察官(棚倉警察署)

 

 災害が起きた時の対応として質問したところ、関係機関と連携し、起きる前に備え訓練していると聞いた。県警の組織図や各部署の仕事内容などを聞いて、県警の中にも多くの部署があり町と連携して対応されているからこそ、私たちが平穏に生活できるのだと思った。(大学進学希望3年)

 

◎介護・福祉系(社会福祉協議会) 

 

 利用者の方々と関わっていく上で、誠実に接することや相手のことをよく知ることが大切だということを学びました。また、利用者の方が笑顔になってくれること、「ありがとう」と感謝されることにやりがいを感じていると聞いて、福祉の仕事に興味を持ちました。(福祉系希望2年)

 

★「地域連携型職業探究」を終えて・・・

 講師の方々のオーラが本当に凄いと思いました。仕事に対する情熱や誇り、地元愛が感じられ、生徒の皆さんは講話に聴き入っていましたね。一言も聞きもらすまいと、真剣にメモを取る姿、立派でした。今回の講話を通して、みんなは地元の方々に支えられ、応援していただいているのだと改めて感じました。

 今回出会った講師の方々のように、将来地域で活躍できることを目標に、今できることを精一杯頑張ろう。

 数年後はみんなが

 「私たちは、地域を支える人材になる!」

ことを目標に頑張ってください。

重要 第1回文理科集会

 6月2日(火)に行われた「第1回文理科集会」について、紹介したいと思います。

 「第1回文理科集会」は、『Welcome 1年生』をテーマに(新型コロナ感染防止対策のため)規模を縮小して行われました。

〇 文理科長の挨拶

  文理科とは、勉強するところである。

 苦しいと感じることも少なからずあるが、自分の限界を超えて、

 努力し続けてほしい。

 頑張ろう!

 

 

〇 代表生徒による歓迎の言葉

  ようこそ1年生!いよいよ朝自習や7校時が始まり、気持ちが重くなること

 があるかもしれません。しかし同じ環境で学校生活を送る私たちがいます。

 決して気持ちを切らさず、一緒に頑張りましょう!

 

 

〇 アクティビティ1『文字並べ』

  ひとことも話さずに文字を並べて ことわざを作る。

  各グループとも、3年生のリーダーシップが光り、チームプレーであっという間に完成!

  1年生の緊張もほぐれてきました。

  

〇 アクティビティ2『手型アート』

  文理科のテーマである『限界突破』の文字を各班ひと文字ずつ書でかく。その後、班員全員手形を押し、

 名前を書いて完成!

  

  

  完成したものはこちらです!!

【 生徒たちの感想 】

・文理科は大変だが、早く慣れて自分の殻を破れるように頑張りたい。(1年A)

・先輩がリードしてくれたおかげで、楽しい集会となった。(1年A)

・3年間、文理科で頑張ろうと改めて思った。(1年S)

・3学年全員で協力できたのでよかった。(2年S)

・最初は緊張したが、だんだんほぐれていってとても楽しかった。(2年M)

・後輩にとって、少しでも頼りになれる存在でいられたら嬉しい。(3年K)

・皆で協力し合ってできた”限界突破”が、これからの文理科全員の目標にピッタリだと思いました。目標達成のため努力したいです。(3年K)